お金をためている都道府県の生活を見る

寄付をしたりするとそれに応じて税金を少なくしてくれる制度があります。

お金をためている都道府県の生活を見る

お金をふるさと納税しやすくなっている

寄付をしたりするとそれに応じて税金を少なくしてくれる制度があります。実際には支払いをしているのでプラス部分が出ることはありませんが、自治体などにお金を払うよりも特定の団体に寄付をしたいときなどには有効になります。元々そこに寄付をするつもりだった場合はどちらにしても支払う予定だったのでしょうから戻ってくればその分が得になるといえるでしょう。

寄付金の控除を受けようとするなら通常は確定申告が必要でした。これは給与所得者も同様です。給与所得者といえば年末調整で所得税などは終了していましたから、確定申告が手間になることがありました。ふるさと納税の場合も同様で、せっかくいい制度がありながらなかなか利用する人が増えない場合があったようです。そのことからもっと利便性がよくなる仕組みに変わっています。

これまでは寄付をした市区町村から証明をもらい、それを確定申告時に添付することでその年の所得税、翌年の住民税で控除が受けられるようになっていました。平成27年の4月以降に行なうふるさと納税は5つの市区町村までであればそちらから直接書類のやり取りをしてくれます。ですから確定申告をすることなく手続きが行えるようになりました。寄付する場所を決めて行なうだけでよくなりました。

IXX[h

Copyright (C)2017お金をためている都道府県の生活を見る.All rights reserved.